皮膚科へようこそ

疾患別治療方針写真

三重県内における皮膚科診療の高次医療機関として、皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)や膠原病、難治性皮膚疾患の入院治療を行っています。 県下の診療所や一般病院からご紹介いただいた患者さんに、最高水準の医療を行うため、担当医は皮膚疾患を全身疾患ととらえ幅広い知識と技術を持ち、原因の追及からオーダーメイドの治療まで心のこもった医療を提供いたします。

皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)

年間100例の皮膚がん手術を行っています。2009年からはセンチネルリンパ節生検を活用した治療も始めました。皮膚悪性腫瘍治療ガイドラインに従って、手術療法や化学療法、放射線療法、免疫療法など最適な方法を患者さんとご一緒に相談をしながら治療をすすめます。そのためにご本人には病名の告知をいたします。皮膚がんや皮膚リンパ腫の治療ができる県内唯一の施設です。

膠原病

全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群など皮膚症状の現れる自己免疫疾患の治療を行っています。膠原病は肺炎や腎炎など内臓にも病変がみられるので、内科などと連携して治療を行います。

重症アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎診療ガイドラインの周知により、正しい診断と確立された標準的治療、スキンケアーの指導が徹底され、治りにくい病気ではなくなりました。しかし、不適切な治療により重症化した患者さんが受診されることもまだ少なくありません。 重症化した場合は、一刻も早く治すのが理想的ですので入院治療を行います。

乾 癬

外用および内服療法と増悪因子の除去療法を行います。期待の新薬である生物学的製剤治療(抗TNFα抗体など)が行える施設として許可されました。

熱 傷

中等症から重症熱傷まで手術治療を行っています。 ※救急治療は救急科が対応します。

薬剤アレルギー

薬疹の治療と原因薬の同定を行っています。 近年では重症薬疹や、分子標的薬と呼ばれる抗がん剤による薬疹の診断治療に力を入れています。

光線治療

皮膚リンパ腫や乾癬、掌蹠膿疱症、脱毛症、白斑症などに紫外線を照射する治療法で、全身用の照射装置を設置しています。

【保有機器】

  • デルマレイ800:全身照射器 UVA,nUVB311
  • デルマレイ200:半身照射器 UVA,nUVB311
  • VTRAC:部分照射器 nUVB308

日帰り皮膚外科手術

イボやホクロなどの切除術を日帰りで行っています。

レーザー治療

単純性血管腫(赤あざ)、毛細血管拡張症、いちご状血管腫、外傷性刺青、扁平母斑、太田母斑異所性蒙古斑(青あざ)の治療を行っています。 《対象は上記の保険診療適応疾患のみで、イボやシミなどの保険適応のない自費診療は行っておりません》

【保有機器】

  • 色素レーザー:ニーク社 MODEL DO101
  • Qスイッチルビーレーザー:ジェイメック社 The RUBY Z1