ごあいさつ

        
山中 恵一  Keiichi Yamanaka M.D.,Ph.D.  
三重大学大学院医学系研究科  
生命医科学専攻  病態解明医学 皮膚科学 教授  
医学部附属病院 皮膚科科長
 
 
教授挨拶
 平成30年2月1日より三重大学大学院医学研究科臨床医学系講座皮膚科学を主宰させて頂いております山中恵一です。
 当教室は1962年に三重県立醫科大学皮膚泌尿器科より独立し、濱口次生教授により三重県立醫科大学皮膚科学講座として開講されました。
 1974年の国立三重大学への 移管により三重大学皮膚科学講座となり、1984年より1999年までは第2代清水正之教授が 、2000年から2017年までは第3代水谷仁教授が主宰されております。創設以来優れた皮膚科医 を輩出し、業績を世界へ向けて発信し、さらに三重をはじめ広く地域医療の発展に貢献してきました。
 昨今、医療を取り巻く環境は厳しく、三重大学皮膚科においても入局者数の減少もあり、 高いレベルの研究を維持する事は困難な状況にありました。しかし医局員にとって研究を極めることは自身の確固たる専門領域を持つ事につながります。臨床に真摯に取り組むことにより 、皮膚疾患の病態解明や新しい治療法の発見にも繋がりますし、逆に研究を行う事により臨床をより深く理解することが出来る様にもなります。臨床に繋がる研究の重要性を今後も謳いたいと思います。
 私たち三重大学皮膚科は豊かな感性と人間性を備えた若手医師を育成し、地域医療に貢献し、且つ世界に向けた研究成果を発信する事を目指しています。特にアトピー性皮膚炎や乾癬などの難治性皮膚疾患、皮膚アレルギー、膠原病、皮膚悪性腫瘍の研究・診断・診療におきましては、高度な技術を有し医療水準を維持しています。当教室はそれぞれの専門分野のエキスパートが集まった集団です。全員が一丸となることにより、あらゆる皮膚関連疾患を治療でき る大学病院を目指し、三重の地から世界に誇れる教室を目指して教室員一同頑張っています。 三重県及び近隣の地域の皆さんが安心して受診でき、地域の医師が気軽に紹介できる施設を作り上げる事が直近の目標であります。
 最後に三重県で皮膚科研修を考えておられる研修医・学生の皆さん、三重大学皮膚科には 自分の目標を実現するためのチャンスが沢山あります。教育熱心な上級医が若い人の参加を心 待ちにしています。医局員は皆良い人ばかりです。自分のやりたいことを精一杯やってみようという意欲のある方、熱い心をもった皆さん、三重大学皮膚科学教室で一緒に研鑽しましょう 。連絡をお待ちしております。