ごあいさつ

水谷教授

三重大学医学研究科皮膚科学は昭和35年に初代濱口次生教授の就任以降、2代清水正之教授、3代目の水谷仁に引き継がれてきました。臨床を大切にし、その知見を研究に生かし、それを臨床にフィードバックすることを基本としてきました。

三重県下の皮膚科診療の要として多くの難治性疾患、なかでも膠原病、乾癬、アトピー性皮膚炎、熱傷、メラノーマなど悪性腫瘍の治療を数多く手掛けており、レーザー治療にも力を入れてきました。

皮膚科専攻医は“皮膚科のオールラウンドプレーヤー”を目指して、広く皮膚科全領域にわたる研鑽を積んでいただきます。
特にアレルギー疾患、膠原病の診断、治療を習得するほか、全員が腫瘍、熱傷など皮膚外科的治療に当たれるよう、メスを持てる皮膚科医となるよう指導しています。
研修医の全員が日本皮膚科学会認定皮膚科専門医となり、良い臨床医であるとともに指導者となれるよう指導しています。
医学生の指導では限られた時間で皮膚科を習得できるよう当科の独自でmobile self-learning systemを開発し皮膚科の理解に活用しています。
研究では教室の伝統である免疫アレルギー、乾癬、膠原病の分野を中心に、臨床から得られた知見をマウスモデルへ発展させ、また、新規の治療法の開発へつなぐなど、臨床と基礎の融合した、独創性が高く、医学の基本的課題に答える研究、いわば“教科書を書き換える研究”を目指して指導を行っています。実際それらの成果は海外の免疫学、皮膚科学の教科書にも取り上げられています。

また、地域大学の講座として、地域の企業との共同研究も多く行っており、地元への貢献も忘れていません。皮膚科の枠を超えた国内外の研究者との共同研究も多く、三重から世界へとその成果を英文ジャーナルを介して世界に広く発信しています。

教室の特徴の一つがAt Homeな雰囲気です。研修医から指導医まで、自由に議論しよりよい医療を目指しています。

三重大学皮膚科でともによい皮膚科医を目指して学んでいきましょう!